テーブルコショー

新米俳優オタクの小学生並みの観劇後感想

 12/23 TAKE ME OUT

TAKE ME OUT観劇してきました。

 

今回が初めて自分でチケットを取っての観劇になりました。

高校のときに学校から劇団四季のライオンキングを観に行った以来です。

一回しか観れなかったから完全にうろ覚えです。千秋楽も行きたかった…

脈絡の無い感想ばっかりで話がいろんなとこに飛びます。

味方良介くんと多和田秀弥くんと章平さん目当てで観にいったのでこの人たちに対してのことが多いです。(とくに味方だいたい味方)

 

 

まず、劇場に向かう途中から緊張しだす・・・ほんとに今から味方良介をみるのか…って気分でした。
最初劇場に着いてどこにいけばいいのかわからなくて一人うろたえてました。
なんだかんだで入場、物販でパンフ購入。
席について緊張テレビになんか映ってる〜って思いつつ始まるのを待つ
横のおじさんの鼻息がたまにうるさい(人のこと言えない)

 

ついに始まってしまった…最初は良知さん演じるメイソン・マーゼックがでてきてそのあとキャスト陣みんなが登場オープニング。
そんで味方が喋る。それを聞いて見て、自然に涙がでて早々に泣いてた。味方良介がそこに存在してた。それだけで最高でしかなかったし、そのあともず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと味方良介にくぎ付けですよ2時間10分の9割味方良介を見てた。
もちろん章平さんのかっこよさに見とれたことも数知れずだし、多和田の秀弥くんのあらげてる声にドキドキしてダンスを見てあ〜〜〜〜!!!!ってなったけど結局味方を見てた。
物語は章平さん演じるレン・レミングがゲイであることを告白することから始まります。
それを聞き、味方良介演じるキッピー・サンダーストームたち数人は受け入れたもののカミングアウト以降態度が変わった奴も多数といった感じ。そこから話がいろいろ展開されていってここら辺でたわが声を荒げてたかな?
やばい多和田だやばい多和田〜〜〜〜うわー〜〜〜〜〜〜好きだ〜〜って思いながらそのシーンを見てました。多和田秀弥は最高だ…
なんかもうすでにあんまり詳しく覚えれてなくてつらい
漠然とした内容しか覚えれてなくてつらい
劇中ほぼずっと味方は喋っててそれをみるのに私は必死だった。どこかのシーンで味方がみんなに飲み物渡すところがあったけどあそこすごく可愛かったです。
で、話が進むにつれていろんなことがわかったりわからなかったりしていって、個人的にいいな〜って思ったのが小柳さん演じる捕手のジェイソンとメイソンでこの2人にはいっぱい笑わされた。この2人が喋るだけで場がいっきにコメディの雰囲気になって気楽に見れるようになったなって思う。私は。
それでですよ、やべぇなって思ったのは栗原類。すごかったもうすごいとしか言えない赤ちゃんだから。
他の人がどういう評価をしているのかはわからないけど私はめっちゃいいと思いました。なんせリアルちょっと異常な感じとか子供のまま体だけ大きくなってしまった感じとか孤児で里親ともうまくいかず友達もいなくて自分には野球しか無いボール投げる以外に生きるすべというかアイデンティティ的なものが無くてそれ以外で承認欲求が全く満たされることがない感じすごくあれだった。めっちゃわかるつらいよね…個人的にみてて一番引き込まれたキャラだった。
キッピーの話をします。
こいつ実はエゴの塊なんじゃない!?って思ったキャラです。
イイ奴に違い無いんだけど話が進むにつれてだんだん素であんなんなだろうなって、、(ストーリテラーだから余計そう見えたのかも?)手紙のことに関してはあ〜〜って感じだったあそこらへんもうちょっと掘り下げてみてみたいなと思う部分だった。(ただの私の理解不足なのかもしれん)ダレンとの確執が生まれてしまったところでもあると思いました。作文
堅山さん演じるタケシ・カワバタ、唯一の日本人役で喋り出して関西弁なのにびっくりしてみんな笑ってた関西弁うまいな〜〜って思ってたらパンフみたら関西の人でしたそりゃうまいですよね。
このカワバタとジェイソンとキッピーが3人で会話してるシーンがとても好きです
味方の翻訳がたまに違ってたりして(ここは全部ちゃんとしてたかもしれない)
やっぱジェイソンのキャラがよくてカワバタが話してる内容はちょっと重たいけどジェイソンが面白くていい塩梅になってたと思いました。
ダレンとメイソンの話し
2人は最初あんまり噛み合ってないな〜っておもったしあんなに仲良くなるとはって感じだった最初メイソンはダレンがゲイであることを内心は茶化してんのか?って思ったりしてたけど結果的にそんなことなくダレンが明日野球をやめるって言ったらめっちゃ止めるし(仕事なくなるから?と、最初は思ってた)けどビジネスパートナーからだんだんなんか2人の距離が縮まっていってなんかもう章平が心を許したんだろうな〜って呼び方がメイなってきてからはすごく2人をみてると笑顔になりました。

いろいろあってダレンは親友を亡くすんでけど、だいぶキていたであろうダレンを落ち着かせた?のはメイソンだと思う…会話の詳細をはっきり覚えてないからアレなんだけど…
最後の方の指輪のシーンとかあのへんのとこは終始ドキドキしてました章平がかっこいいのなんのってすげぇやばかった…やばかったよ…ふじょしなので死にました。ちゅーはしてません。2人でそんな雰囲気になってたからあ〜?と思ったけど結局メイソンがしようとして未遂に終わって笑いが起こってました。あそこかわいいポイント高い。
ほかのきゃらは正直あんまりセリフもなかったので覚えてないですごめんなさい…

 

最後の挨拶で出てきたキッピーの私服ダセェなって思いました(紫と黒のタータンチェックのシャツって中学生か?)
でも、そんなことよりも、なんかお辞儀してる味方を見てまた涙が出てきて泣いてましたしんどい…お辞儀してるとき良知さんが味方と栗原類の背中ぽんぽんしてたの見てさらに泣いた…
ハンカチを忘れたから涙流しながらスタンディングオベーションしました。最高。

お話しは本当面白くてコメディなんだろうけどいろいろ考えさせられるというか、個人的にいろんな人に見てもらいたい作品でした。
もう公演も終わっちゃったのであれなんですけど再演があったら是非見て欲しい…
こんなクソみたいな吐き溜め見てみたいと思う人はいないだろうけどチャンスがあれば見て…

終わったあとキャップ欲しくて買おうと思ったけどパンフしか買う予定してなかったからお金なくて代わりにタオル買いました。キャップかわいかったから欲しい通販無いかな…

 

 

やっぱり味方良介は最高だったあの声を生できけて本当によかったです。ありがとう
生まれてきてくれてありがとう

パンフで演技派の若手といえば味方って言われてて喜んでましたファンだからうれしい
もっと舞台に立つ味方良介をみたいと改めて思いました。
ので、熱海観に行くぞ!東京遠征!1公演しか行けないだろうけど!待ってろよ味方!!!!


次は歌ってる味方が見たいな